涙は夢の足跡です。ichiko

2015年04月03日

昔ばなしと、これからと。

そのとき、私は高校生だった。

それ以上でも以下でもない、ただひとりの田舎の学生だった。


今では結婚して、
そのとき見ていた彼らと、同じような歳になった。

そして今、思う。
私たちは一体、他人にどれほどの期待を押し付けていたのか、と。








私の"トン活"(おいしそうで気に入ったのでこの呼び方をする)は、
ある日とつぜん終わった。
終わった、とさえ思わないほど静かに終わっていた。

彼らの一挙手一投足、見守ることはなくなった。


時折タイムラインに流れてくる誰ぞの呟きのおかげで、
「おる」とか「おんり」とかいう、分類がされたことだけは知っている。







生きていくなか、何を好きでいるかは自由だ。
何を嫌いでいるかも自由だ。

でも、この二極には決定的な違いがある。


好きなものを周りの人に訴えることは、たいていの場合で平和だ。
不幸な人より、幸せな人を増やす魔法だ。


嫌いなものを周りの人に訴えることは、攻撃だ。
討論の余地のない主張を目の当たりにすると、痛くて、苦しい。


よく知りもしない物事や人を、
そう簡単に嫌いだと言い切ることはできないはずだ。
ましてや、批判したり蔑んだりしてはいけない。
そんなことは昔から法律も知っている。








おおきなものは、おそろしい。


どこかに消えてしまった、
溢れるほど届いたはずのファンレター。
おおきなものが、消してしまった。


成し遂げられなかった、缶バッジ作戦。
おおきなものの中で、行き先が分からなくなっていった。


数えられないほどに集まった署名は、何か成し遂げただろうか。
それよりおおきなものの前では、ただの文字列でしかなかっただろうか。

署名活動を主導してくれていた人と、電話で話したりもした。
思い返すと、当時自覚していたよりも、私は渦の中心近くにいたらしい。








もしかしたら、また5人が並ぶ日が来るかもしれない。

そのとき、
認める?認めない?
何を、何かを、批判する?

そんな権利は、私たちにはないと思う。


好きなものは好きだと叫ぶ。
嫌いなものは心に仕舞う。

大人とはそうあるべきで、
当時から、私たちよりも彼らは大人だった。
大人びていた。


同じ歳になったからこそ思う。
粗探しなんて、されればされるほど粗は出る。
20代なんて、まだまだ未熟だ。
もっと言えば、きっとその先も未熟だ。







彼らの作品そのものを愛していた人は、
きっと「おる」の方に多いんだろう。
彼らのキャラクターを愛していた人は、
「おんり」の方に多いんだろう。


どちらも正しいと言えば正しいけれど、
過干渉は、いけないよ。



幸せは、本人にしか分からないのだから。
posted by ichiko at 14:00| Comment(0) | +SARAHANEUN+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

sa rang hae yo


彼らの休止が決まった時から、私は休戦を選んだ。



前線に立って戦うことから退いて、
少し引いた場所で、ひたすら静かに目を閉じて黙った。



たとえ誰が悪いとしても、誰かを責める声を聞きたくなかったから。


これが私の性格。

ただ、不毛な言い争いに少しでも巻き込まれることが面倒。
どこか冷めているのが、私の性格。




それでも今まで、忘れることができなかった。

彼らからほぼ目を離しきった状態でもなお、
ふとした瞬間に、言いようの無い悔しさに襲われることがあった。




以前より明るい光を浴びるようになったK-POPの話題をニュースで見る度、
寂しくなった。

赤いライトを見つける度、切なくなった。

韓国を語る周囲の人を見る度、悲しくなった。














どうして5人がここにいない、のだろう?










日常的に韓国が語られて、
K-POPの人気が溢れる、
こんな時代を作ったのは彼らであるはずなのに。


その名を、呟く人がいないのが寂しい。














東方神起、











君達はどこだ?














好きだと呟くと、みんな苦しいはずなんだ。

無邪気に好きだと言えないのがせつない



posted by ichiko at 22:26| Comment(5) | +SARAHANEUN+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

想い





大切な日なのに、
気付かないまま流されてしまいそうな今日日で御座います。








私、頑張ってます。

遠くのあなたは、どうですか?


私なんかとは
比べ物にならないような苦労の中にいて、

悲しいぐらい傷ついたはずの心を、誰にも見せないままで。







私の愛する人。




泣き虫なあなたが泣いたのを、

最後に見たのはいつだろう?











次はうれし涙が見たい。





ユチョン、サランヘ


お誕生日おめでとう


posted by ichiko at 23:57| Comment(1) | +SARAHANEUN+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

東方神起を待つ理由

I'M LIVIN' FOR TODAY I FEEL ALL THA GAMES
TIME AFTER TIME AGAIN HOW COME...
IF SITUATIONS GOTTA CHANGE, I DON'T HAVE TO BE AFRAID
'CAUSE I... 'CAUSE I GOT THA ONE




SOUL'd OUTというグループを知ってるでしょうか。

何を隠そう、彼らは 私の音楽の中心であります。

CDは全て持ってるし、ライブにも何度も行きました。
学校を休んで、片道7時間のバスで武道館ライブにも行きました。


私はそれほど、彼らの音楽が好き。


しかしSOUL'd OUTは、
2008年の1月のオリジナルアルバムを最後に、活動が途絶え、
グループとしては、実質休止中。

今はメンバー3人それぞれが、
ソロ(又は別グループ)で活動を展開しています。

分からないけど、もう戻ってこないかな。そう思ってます。




だけれど、残念だとも寂しいとも思ってません。

3人の人間性も、もちろん好きだったけれど
私が好きだったのは主に、彼らの「音楽」自体だったわけで。




SOUL'd OUTの楽曲だから好き

ではなく

好きな楽曲を作るSOUL'd OUTだから好き




だったわけで。
んー。これ伝わってる?


活動のない今、
好きになるべき楽曲自体が生まれてこないわけです。

新曲を待つ楽しみが減ったにしても、悲しいとは思わないのー。



+++++



ここまで読んでくださった方、いますか?w
こっから、やっと東方神起の話です。



東方神起の場合、どうして涙があふれたのか

どうして私は東方神起を待つのか


そりゃね、簡単なことです。
SOUL'd OUTの場合と逆だったから。




良い曲を歌うから東方神起が好き

ではなく

キャイキャイじゃれてる5人が好き


だから。




なのに、

いろんなもんに絡まって、
じゃれ合えない状況ばっか見ることになったから。

それが寂しくて、泣いた泣いた。

それが去年の10月ぐらいから・・・・。





だけどまぁ、正直そろそろ飽きたw


もーいい遠慮しとくわ。泣くと次の日眠いじゃないww

毎日仕事も忙しいことですから、
泣いてられないの。


それにね。

「休止」することで
絡んでた1本を切ることでも出来たなら。


悲しい涙は、もう流す必要ないのよ。



事実、年が明けてから流す涙は、
感動とか喜びでのものが多かった。


たくさん たくさん たくさんの、ファンの愛。

ふんわり やわらかく、ゆるんだメンバーの顔。


泣くほど感動するのに十分だよね。



十分だ。




++++++++++



私の中の2大アーティストを、やっと一つの記事にのっけることができた。

今まで分けてたのは、
ファン層とかスタンスとか全然違うから、読む方がつらいと思ってw



こうして2つまとめて語ってみて。

うーん。
なんというか・・・・








音楽は素敵



ってことしか分かんなかった。うん。

そんでいい。

++++++++++



語ったついでに、
私の音楽ブログ(もうすぐ消滅予定)
SOUL'd OUTについて紹介した記事をコピっときます。

興味のある方どうぞだけど東方神起に通ずるものは求めないで!

全然違うからw




・・・あ、そだそだ。

補足し忘れそうだったけど、冒頭の英文は彼らの楽曲からです。
この歌自体は、特に聞いてくれなくていいので(爆)

しかし歌詞だけでも読んでみてください。
まったく英語分かんなくてもだいじょぶ。日本語部分だけで通じる。
一番下に貼っときます!




++++++++++


SOUL'd OUTは、日本の3人組HIPHOPアーティスト。


SOUL'd OUTのMain MC/Diggy-MO'(ディギー・モー)の声は非常に個性的。

好き嫌いはハッキリと分かれると思いますが、
"好き"な方に転べば、
どんどんSOUL'd OUTにハマっていく可能性です♪





Magenta Magenta/SOUL'd OUT




ハマり始めた頃、一番たくさん聞いていた楽曲が
このMagenta Magenta。


好きなとこを挙げればキリはないんですが・・・

バックのキーボードサウンド、
そしてアコギ(クラシックか?)サウンドのメロディーが素敵!

楽曲のしなやかさ・艶やかさは
この2つの音で演出されていると言っていいでしょう。




Magenta Magentaに限らず、彼らの楽曲の好きな部分は

リリックの秀逸さ。

言いたいことを ただ文章にして曲に乗せるだけでは
一つの芸術作品として不十分。

歌詞は、メッセージ性よりも、
聞いたときの耳当たりの良さ・音のハマり具合が大切だと思うのです。


SOUL'd OUTの楽曲は、
聴いただけで歌詞を正確に聞き取れる(耳コピできる)ものが
ハッキリ言って、ほぼないです。

英語かと思った部分が実は日本語だったりw
その逆もありますね。

何て言ってんだ!?と思って歌詞カードを見ると
実は造語でしたーとかもあります♪笑


とにかく、聞き流すだけでここちよい。
聞き込むほどに楽しい。

S.Oサウンドは、そんなものです。



最後に。
オススメを2曲紹介しておきます☆


Flyte Tyme


過去にMステに初出演した際歌った曲です。
特徴的なサビのフレーズ、聞き覚えのある方もいるかも?


SO Magic


デビュー前に作られた楽曲。
リリックの流れがスバラシイです。



++++++++++






159120j3.jpg

posted by ichiko at 22:39| Comment(15) | +SARAHANEUN+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月04日

Lovin' you


ピグで知り合ったiさまのブログに、すてきなことが書いてありました。



a-nationで。
5人それぞれがソロで呼ばれてって、
気付いたらステージ上に東方神起が揃ってる!ってww

これ読んで 思わず、
素晴らしい!!!!!
って声が出ちゃいましたw



ナーイス妄想。

みんなで願えば、案外 早々に実現しちゃうかもよ?







さてさて。

昨日なんか変なもんが来た時、私は本屋にいましたよ。
んで、
変なもんのせいで目から青汁が湧いてきましてね。

青汁まみれの状態で隣のCDショップに行ったら、

SHINEが流れてきたんですわwwwww


大して好きくない曲だけどなんか変なもんのせいでさらに青汁が湧いた。


その次はShare The Worldでした。

その次はStand by Uでした。




おい。
スピーカーの向こうのお前。






なんか変なもん受け取ったろwwwww






そして。
なんか変なもんのせいでDVD買っちゃったよ?勢いでw








はい。それより。


これから私はフジツボですのでよろしくね。










posted by ichiko at 20:55| Comment(1) | +SARAHANEUN+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。